<白内障とは>
白内障は白髪と同じで、年をとるといずれは全員がなります。 白内障は眼の中の水晶体と呼ばれる場所が濁ることにより起こります。簡単に言うとカメラのレンズが濁るようなものです。
日帰り白内障手術-説明画像

本来透明な水晶体がにごると、光が眼底に入りにくくなり網膜に像を結ぶ働きが弱くなります。このために「かすむ」「見えにくい」「光がまぶしい」「2重3重に見える」という症状が現れます。水晶体のにごり方はさまざまで、白内障と言われてもすぐに手術が必要になる方はごくまれです。