<眼内レンズは>
白内障手術では、濁った水晶体を取り除いた後、この代わりとなる眼内レンズを挿入します。眼内レンズは一度挿入すると半永久的に使用できます。ただし、伸び縮みできないのでピントが1ヶ所にしか合いません。従って手元を良く見たいか、遠方を良く見ることを重視したいか、患者さんが自分の生活スタイルに合わせて、選ぶ必要があります。

手元を重視すれば遠方を明瞭に見る遠用眼鏡、遠方を重視すれば手元を明瞭に見る近用眼鏡(老眼鏡)が必要になるため、手術後もたいていは一つ眼鏡が必要になると、お考え下さい。

メガネ合わせは手術後視力が安定する1ヵ月後が目安になります。

日帰り白内障手術-説明画像

眼内レンズはプラスチック製・シリコン製・アクリル製など様々なタイプがあります。当院では手術前の検査データーに基づき、医師が適切なレンズを選定いたします。